野球肘

  • 肘の痛みでボールが投げられない
  • 肘の外側に痛みがある
  • 肘の痛みのせいで野球を楽しめない
  • 整形外科に行ったがよくならない

野球肘の原因とは?

使いすぎだけが原因ではないのです。

本当の原因は筋肉・骨盤・姿勢にあります!

長時間同じ姿勢を続けたり、姿勢が悪かったりすることが、筋肉や骨盤に負担をかけ、それが痛みや不調を引き起こすことがあります。

筋肉の硬さや緊張、骨盤のアライメントの不良は、血液や神経の流れにも影響を与え、それが痛みやしびれ、機能の低下などの症状を引き起こす可能性があります。整骨院がそのような状態を詳細に診断し、姿勢や骨盤の状態を調整することで、症状の改善や予防に寄与することが期待されます。

また、姿勢や骨盤の状態だけでなく、生活習慣や運動習慣も関与することがあります。これらをトータルで評価し、患者様に適したアプローチを提供することが、継続的な改善につながるでしょう。

骨盤の歪みや骨格の整え方によって、全身のバランスが整い、痛みや不調の改善が期待されます。

「ボキボキ」する矯正といった施術が一般的に知られていますが、それが必ずしも痛みなく行われるわけではなく、また、患者様の状態によっては他のアプローチが選択されることがあります。患者様に合った安全で効果的な施術を提供することが、整骨院の役割です。