変形性股関節症

  • 股関節に痛みがあり歩きづらい
  • 階段を使用すると股関節が痛む
  • 股関節に違和感を感じる
  • 変形性股関節症と病院から診断を受けた
  • 股関節の痛みで日常生活が辛い

変形性股関節症とは?

変形性股関節症は、股関節の軟骨が摩耗し、骨同士が直接接触することで引き起こされる病態です。その進行に伴って、患者さんが感じる痛みや機能障害はますます強くなります。

特に、足の付け根である鼠径部に痛みを感じる初期の症状から、立ち上がりや歩き始めに強い痛みが現れ、安静時でも痛みが持続するようになると、生活全般において大きな制約が生じます。これが進行すると、足の動作に関する困難が増え、階段の昇り降りや正座、しゃがみこむといった基本的な動作が難しくなります。

変形性股関節症の原因は?

 

 

骨盤の歪みが股関節に及ぼす影響は、特に女性に関して顕著です。以下に、そのメカニズムと関連する要因を簡単に説明します。

  1. 筋肉量の違い: 女性の場合、男性に比べて骨盤周りの筋肉量が少ないことがあります。これにより、骨盤を適切な位置に維持するサポートが不足し、歪みが生じやすくなります。

  2. 妊娠と出産: 妊娠中および出産後、女性の骨盤はホルモンの影響や赤ちゃんの重みによって変化します。これが正確に調整されないまま、骨盤の歪みが残ることがあります。

  3. 生活習慣と姿勢: 長時間の座位や悪い姿勢、特にデスクワークなどが、骨盤の歪みを促進する要因となります。

  4. 足の長さの違い: 両足の長さが微妙に異なる場合、それが骨盤の傾きを引き起こし、股関節に不均等な負担をかける可能性があります。

これらの要因が複合的に影響し、股関節に負担がかかり、変形性股関節症を引き起こすことがあります。適切な姿勢の維持、運動、ストレッチ、そして必要に応じたリハビリテーションが、これらの問題の予防や管理に役立ちます。

治療と予防について

股関節は身体の動きに欠かせない重要な関節であるため、変形性股関節症の早期発見と適切な対策が重要です。骨盤の歪みを矯正し、股関節にかかる負担を軽減することが、初期や中期の段階での痛みの改善につながります。整骨院や整体院での適切なリハビリや施術が、この段階で非常に有益です。

ただし、進行が著しくなった場合や痛みが強い場合、整形外科での手術が検討されることもあります。手術は変形を取り除くための最終手段であり、リハビリテーションが続くことが通常です。手術は、骨切り術や人工股関節の挿入など、患者様の具体的な状態によって異なります。

変形性股関節症は進行性の疾患であるため、早期に対策を講じることが大切です。定期的な検診や不安な症状があれば早めに医療機関を受診し、適切なアドバイスを得ることが重要です。生活習慣や姿勢の改善、適切な運動などが予防の一環として取り入れられます。