AGA

  • 抜け毛が増えた気がする
  • 以前よりAGAが進行してきた気がする
  • 頭皮が透けているような気がする
  • これ以上進行させたくない
  • 薬なしでAGAの治療をしたい

60代女性

Before

After

 

50代男性

Before

After

AGA治療を受けた方がいいのはこのような方★

AGA(男性型脱毛症)は、男性型脱毛症または女子男性型脱毛症とも呼ばれ、遺伝的な原因とホルモンの影響によって引き起こされる一般的な脱毛症の一つです。

AGA治療を検討する人の一般的な状態や症状には以下のようなものがあります:

  1. 進行した脱毛症: AGA治療は早期に始めることが効果的です。薄毛や抜け毛が進行している場合、治療を受けて進行を止めたり、髪の成長を促進することができます。

  2. 自己意識やストレスがある方: 薄毛や抜け毛が自己意識を低下させ、自信を失うことがある場合、治療を検討することが重要です。脱毛症が自己評価に悪影響を及ぼす可能性があるため、髪の状態を改善し、自信を回復させることが重要です。

  3. 進行を遅らせたい人: 薄毛や抜け毛がまだ進行していない場合でも、将来的な進行を予防したいと考える人も治療を受けることができます。

AGA治療にはいくつかの方法があります。その方に合った最適な治療プランを立てることが重要です。治療の効果は個人によって異なりますが、持続的な治療が必要な場合もあるため、専門医の指導のもとで検査や診断を受けることが重要です。

AGAの原因とは?

AGA(男性型脱毛症)の原因は複数ありますが、主な要因は以下の通りです。

  1. 遺伝的要因: AGAは遺伝的な要因が重要な役割を果たしています。家族歴にAGAがある人は、そのリスクが高まる傾向があります。特定の遺伝子が、髪の毛の毛包が男性ホルモンであるDHTに過剰に反応することを引き起こす可能性があります。

  2. ホルモンの影響: テストステロンとその代謝物であるDHTが、髪の毛の成長サイクルに影響を与えることが知られています。DHTは髪の毛の毛包を収縮させ、髪が細くなりやすくなります。

  3. 年齢: 年齢とともにAGAの発症リスクが増加します。これは、遺伝的な要因やホルモンの変化が関与しています。多くの場合、AGAは中年以降に発症します。

  4. 環境要因: ストレス、喫煙、不健康な食生活などの環境要因もAGAの発症や進行に影響を与える可能性があります。これらの要因は、ホルモンバランスや毛包の健康に影響を及ぼすことがあります。

  5. 自己免疫疾患: 一部のAGAの症例では、自己免疫疾患が関連しているという報告もあります。免疫系の異常が毛包を攻撃し、脱毛を引き起こす可能性があります。

これらの要因が相互作用してAGAを引き起こす可能性がありますが、個々の症例には異なる影響があるため、治療計画は個別に立てる必要があります。

 

当院でのAGA施術

 

薄毛に関するQ&A

薬の服用はありますか?

当院では薬の処方・服用はございません。

妊娠中でも受けられますか?

妊娠中は受けられません。妊娠中はホルモンの関係上、抜け毛が起こりにくい状態となりますので判断しかねます。

薄毛治療の期間はどのくらいですか?

AGAの場合ですと6か月~1年ほどかかることがあります。※個人差はあります