むち打ち症:軟部組織損傷

  • 事故に遭ってから関節に痛みがある
  • むち打ちになり首が回りにくい
  • 事故後の痛みがなかなかとれない
  • 事故についてわからないことだらけで相談したい
  • むち打ちになる前の体に戻したい

20代男性 施術を受けた感想

交通事故に遭ってしまい、むち打ちになってしまいました。首の痛みや頭痛、肩の痛み、腰の痛みなどがあり、めいほく接骨院で施術をお願いしました。

適切な治療にいつも感謝しています。

今後も何かあったら、是非行きたいです。

※効果には個人差があります。

40代男性 施術を受けた感想

事故し身体中痛い為、通いはじめました。
スタッフ皆さん親切で丁寧にマッサージしてくださり回復してきてます。素晴らしい対応に感謝しかないです!

※効果には個人差があります。

交通事故によるケガは柔道整復師という国家資格を持つ施術家がいるめいほく接骨院で治療をしていくことができます。

ケガは放置しても改善し痛みが消えていくことがありますが、痛みやすくなったり動かしにくくなったり、後遺症として残ってしまうことがあります。

そして交通事故によるケガは一定の期間で自賠責保険が適用されなくなってしまいます。

しかしその後痛みが再度出てきてぶり返したりしても、自賠責保険を使って治療していくことは出来ません。だからこそしっかり治療をして完治させることが大事になります。

 

むち打ちの軟部組織損傷ってなに?

交通事故やむち打ちによる軟部組織損傷は、筋肉、靭帯、腱、関節などを含みます。これらの部位が事故や衝撃によって負担を受けることで損傷が生じます。特にむち打ち症の場合、頸椎捻挫がよく見られます。この状態では、首の靭帯が伸ばされたり筋肉が硬くなったりします。靭帯が損傷すると首を動かすと痛みが生じ、筋肉の硬さによって長時間同じ体勢を維持することが難しくなります。また、動く際にも痛みが生じることがあります。

 

むち打ち後に関節の痛みを放置してしまうと・・・

むち打ち症の初期治療が重要です。適切な治療を受けない場合、痛みや不快感が長期間残る可能性があります。早期に治療を受けることで、痛みや症状の悪化を防ぐことができます。治療を怠ることで、痛みが慢性化し、数年後にも症状が残ることがあります。ですから、むち打ち症の初期段階で適切な治療を受けることが重要です。

 

当院のむちうち治療

むち打ち症にたいして、電気治療と患部のマッサージを行います。むち打ち症の症状を改善するために効果的です。電気治療やマッサージは痛みを和らげ、筋肉の緊張を緩和し、血流を改善するのに役立ちます。また、関節や骨格の矯正は、事故の衝撃で歪んだ身体のバランスを修正し、関節の動きを改善します。これにより炎症が抑えられ、痛みの原因となる負担が軽減されます。症状を緩和し、回復を促進するためには、継続的な治療が必要です。