むち打ち症:根症状型

  • 交通事故後、肩や腕に痺れが出てきた
  • むち打ちになり首の痛みがある
  • むち打ち後から握力や筋力が低下してしまった
  • 交通事故に遭ってからズキズキと強い痛みが出てきた
  • 交通事故に遭ってから手に力が入りにくい

20代男性 施術を受けた感想

交通事故に遭ってしまい、むち打ちになってしまいました。首の痛みや頭痛、肩の痛み、腰の痛みなどがあり、めいほく接骨院で施術をお願いしました。

適切な治療にいつも感謝しています。

今後も何かあったら、是非行きたいです。

※効果には個人差があります。

 

40代男性 施術を受けた感想

事故し身体中痛い為、通いはじめました。
スタッフ皆さん親切で丁寧にマッサージしてくださり回復してきてます。素晴らしい対応に感謝しかないです!

※効果には個人差があります。

交通事故によるケガは柔道整復師という国家資格を持つ施術家がいるめいほく接骨院で治療をしていくことができます。

ケガは放置しても改善し痛みが消えていくことがありますが、痛みやすくなったり動かしにくくなったり、後遺症として残ってしまうことがあります。

そして交通事故によるケガは一定の期間で自賠責保険が適用されなくなってしまいます。

しかしその後痛みが再度出てきてぶり返したりしても、自賠責保険を使って治療していくことは出来ません。だからこそしっかり治療をして完治させることが大事になります。

 

 

 

根症状型とは一体何?

交通事故後に痛みやだるみが出てきて、日常生活に支障をきたす方も多いかと思います。その中で、むち打ち症にはいくつかの種類があります。今回は、根症状型というむち打ち症についてお話しします。

このタイプのむち打ち症では、痛みやだるみが発生するだけでなく、筋肉や靭帯がむち打ちで損傷してしまっているため、腕の痺れや肩のしびれ、または腕に力が入らないといった症状が一緒に出てくる可能性があります。このような症状がある場合、根症状型のむち打ちになっている可能性があります。また、筋力低下や握力の低下なども見られることがあります。

根症状型のむち打ちでは、事故の衝撃や筋肉の硬直によって、脊椎から腕や足に向かう神経根が圧迫される状態になります。その結果、痺れや筋力の低下が起こることになります。

 

どんな時に痛みが出るの?

根症状型のむち打ちでは、痛みが強くなる傾向があります。これは、事故の衝撃によって首の骨がズレてしまい、それによって神経が圧迫されるためです。そのため、くしゃみや咳、首を前に倒す、後ろに倒すなどの動作をすると痛みが強まることがあります。

根症状型のむち打ちは放っておくと自然に良くなるということはありません。むしろ、症状が悪化していく可能性があります。ですから、神経圧迫を早めに取り除くことが非常に重要です。早めの治療を受けることで、痛みや症状の悪化を防ぐことができます。

 

当接骨院のむちうち治療

当接骨院では、むち打ち治療の根症状型に対して、硬くなっている筋肉だけでなく、動きが悪くなっている関節にもアプローチをかけています。筋肉を調整し、首の骨の歪みを矯正することで神経の圧迫を解消し、痛みの緩和につなげています。また、交通事故で痛めた部分には電気の刺激を与えることで、血流を促進し、さらに痛みを軽減しています。これらの施術を組み合わせることで、むち打ちによる症状を緩和し、患者さんの快復をサポートしています。

当接骨院では、むち打ち症やその他の交通事故による症状にお悩みの方々に対して、丁寧なカウンセリングと施術を提供しています。ご来院いただいた際には、患者様の状態をしっかりと確認し、最適な治療プランをご提案いたします。何かお困りのことや疑問点がある場合は、遠慮なくご相談ください。私たちは皆様の健康と快適な日常生活のために全力でサポートいたします。