治療の打ち切りについて

  • 事故治療が打ち切りにされてしまった
  • 打ち切りについて詳しく教えてほしい
  • 痛みが治るまで治療を続けたい
  • 打ち切りになったらどうしたらいいのか知りたい
  • 事故での症状がまだ良くなっていない

治療の打ち切りにあってしまった際の対処法

めいほく接骨院には毎月、交通事故での治療を受けに来る方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、時には損保会社が治療を打ち切ってくることがあります。

痛みがなく症状が改善している場合は問題ありませんが、症状が残っているにも関わらず治療を終了すると、患者様にデメリットが生じます。

ほとんどの場合、交通事故治療の継続は可能です。損保会社の対応はサービスであり、打ち切りを言われた場合でも患者様自身で自賠責保険へ直接請求をかければ治療を継続できます。

しかし、多くの患者様がこのやり取りを知らず、症状を残したまま治療を終了してしまいます。

そのような場合には、めいほく接骨院がサポートします。交通事故に遭われた方は、交通事故専門院でもあるめいほく接骨院をぜひご利用ください。

 

交通事故によるケガは柔道整復師という国家資格を持つ施術家がいるめいほく接骨院で治療をしていくことができます。

ケガは放置しても改善し痛みが消えていくことがありますが、痛みやすくなったり動かしにくくなったり、後遺症として残ってしまうことがあります。

そして交通事故によるケガは一定の期間で自賠責保険が適用されなくなってしまいます。

しかしその後痛みが再度出てきてぶり返したりしても、自賠責保険を使って治療していくことは出来ません。だからこそしっかり治療をして完治させることが大事になります。