脊柱管狭窄症

このようなお悩みはありませんか?
  1. 少し歩くと腰の痛みで座ってしまう
  2. 足への痛みとシビレが強い
  3. 長時間歩くと足がだるくなる
  4. お尻から足にかけての痺れがつらい
  5. 薬や注射をなるべくしたくない

脊柱管狭窄症は改善しない⁈そんなことありません!

脊柱管狭窄症についてのイメージが「良くならない」や「改善しない」といったものであることは理解できますが、実際には手術を必要としない場合も多く存在します。この症状の原因の一つは、姿勢不良であり、特に反り腰の影響を受けることが多いです。反り腰は、腰が強く反り、お尻が後ろに突き出してお腹が前に突き出た状態を指します。

実際、脊柱管狭窄症によるしびれの症状のほとんどは、この反り腰が原因です。

したがって、脊柱管狭窄症の治療において、姿勢の改善は非常に重要な要素です。反り腰の原因は、太ももの内側の筋肉や前側の筋肉、そしてお腹周りの筋肉が硬くなり、収縮してしまったり、筋力が低下したりすることが一般的です。

腰部脊柱管狭窄症の症状・・・

腰の部分の脊柱管が圧迫されることで脊柱管の中を通る神経も圧迫されるのでお尻や太もも、ふくらはぎ、足に痛みやシビレ、灼熱感といった症状が出てきます。

症状が悪化すると下半身の力が落ちたり排尿障害・排便障害が現れることもあります。

腰部脊柱管狭窄症では間欠性跛行と呼ばれる特徴的な歩行障害があります。

間欠性跛行とはしばらく歩いていると足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるような症状です。バス停の1区間を休みなく歩けなかったり、10分以上続けて歩けなくなることもあります。腰部脊柱管狭窄症では、ベンチや椅子に座ったりしゃがみ込まないと痛みやしびれは引いてきません。

腰部脊柱管狭窄症では身体をまっすぐにしたり反らすよりは、前に倒す動き(前屈)の方が楽になります。そういったこともあり自転車に乗る分には症状は現れません。

ですので腰部脊柱管狭窄症の患者様には歩くことよりも自転車に乗って移動をするなどのアドバイスを行うこともあります。

腰部脊柱管狭窄症の施術方法とは?|名古屋市東区 めいほく接骨院

脊柱管狭窄症の施術方法は、特別な電気施術を用いながら手技療法をしていくことがほとんどです。

特別な電気治療のプロテクノエグゼは単純に押したりなどしても刺激が届きにくい深部の筋肉までアプローチをしていくことが可能であり、深部にある筋肉や浅層にある筋肉などに電気刺激を加えることで、ちゃんと使うことができるように再教育も行っていきます。

さらにプロテクノエグゼは鎮痛作用や筋肉の緊張を弛緩させることに特化しています。

ほかに手技療法や運動療法、骨盤の矯正を行うこともあります。

どれも患者様のお身体に負担がかかり過ぎないようにやらさせていただいております。

手技療法に関してはその日その日の状態を把握しながら、お身体の状態をしっかり確認してやっていきます。

日によって痛みの部位やお困りの症状なども違ってくることもあるかと思いますので、何かあればお伝えいただけるのが一番良く、痛みもより軽減していきます。

めいほく接骨院の骨盤矯正はボキボキしたり痛みがあるような矯正ではなく、ソフトに優しく矯正していくのでご高齢の方にも安心して受けていただけます。

基本的にめいほく接骨院の骨盤矯正はお身体の反射を使って行っていきますので、出来る限りリラックスして施術を受けていただくことで、より良い効果が出やすいものとなっております。

運動療法に関しては一人一人のお身体の動きが悪い場所に対して、筋肉を緩めた方がいいのか、それとも別の場所から遠隔的にアプローチするべきなのかなど判断しながらお話もお伺いしながらやっていきます。

腰部脊柱管狭窄症の症状は強くなりやすく、インナーマッスルを強化していくことで症状が軽減することがあります。

腹圧が弱く上手く使えてないことによって腰椎の前弯は強くなってしまい、腰全体的に負担をかけることになり、症状が悪化してしまうこともあります。

腹圧が弱く上手く使えてない場合にも楽トレは有効であり、腹横筋に対して時間をかけてアプローチしていくことで腹圧を強化していきます。

腹圧の強化や再教育の方法としてドローイングと呼ばれるトレーニング方法があります。

ドローイングの方法は

1.仰向けで膝を立てた状態になります

2.その状態でゆっくり大きく腹式呼吸

(お腹を膨らませながら息を吸い、お腹をへこませながら息を吐く)を何度か行います。

3.息をゆっくり吐きながらお腹をへこませていきます。

4.息を吐ききってこれ以上はお腹をへこませることが出来ないというところまでいったら、

その状態をキープしながら浅い呼吸を行います。

5.10~30秒行ったら元に戻します。

腰部脊柱管狭窄症でお困りの方はこういった運動もやっていただくと症状が緩解することはあります。

★脊柱管狭窄症に関するQ&A★|名古屋市東区 めいほく接骨院

脊柱管狭窄症になりやすい人は?

脊柱管は脊椎(背骨)の中央にあるトンネル状の空間で、中に脊髄が通っています。 この脊柱管が狭くなる疾患が脊柱管狭窄症で、中の神経が圧迫されて痛みやしびれなどの症状を引き起こします。 50歳以上の方に起こりやすい傾向があり、性別では男性に多くなっています



症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市東区矢田 50代女性 腰の痛みと足にかけてのシビレ(脊柱管狭窄症)

    おしりから太ももにかけてのしびれがひどいとのことで来院されました。

    長時間の歩行や起立がきついとのことだったので、SPT骨格バランス調整法とプロテクノエグゼの電気療法を行いました。
    骨盤の歪みと筋肉の張りを緩ませることで徐々に痛みとシビレが改善されました。

    現在もメンテナンスとして定期的に通って頂いています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

    名古屋市東区めいほく接骨院

お客様の声

  • 名古屋市 60代男性 腰痛

    腰痛が大分楽になりました。
    スタッフの方々の対応も素晴らしいです。

    ※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 名古屋市北区上飯田 70代女性 腰の痛み

    通院をさせてもらってから、身体がらくになりました。

    ~スタッフより~
    全身的に痛みや疲れ、だるさがありましたが腰の痛みが強かったのが、 痛みが日に日によくなっていき、痛みもなくなり、よかったです!!

    ※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。