むち打ち症:脳脊髄液減少症

  • 交通事故後、強い頭痛が続く
  • 事故後、強いめまいがするようになった
  • むち打ちになってから頻繁に耳鳴りがするようになった
  • 最近、全身がだるく感じる
  • 交通事故後、視力が低下した

 

20代男性 施術を受けた感想

交通事故に遭ってしまい、むち打ちになってしまいました。首の痛みや頭痛、肩の痛み、腰の痛みなどがあり、めいほく接骨院で施術をお願いしました。

適切な治療にいつも感謝しています。

今後も何かあったら、是非行きたいです。

※効果には個人差があります。

40代男性 施術を受けた感想

事故し身体中痛い為、通いはじめました。
スタッフ皆さん親切で丁寧にマッサージしてくださり回復してきてます。素晴らしい対応に感謝しかないです!

※効果には個人差があります。

 

交通事故によるケガは柔道整復師という国家資格を持つ施術家がいるめいほく接骨院で治療をしていくことができます。

ケガは放置しても改善し痛みが消えていくことがありますが、痛みやすくなったり動かしにくくなったり、後遺症として残ってしまうことがあります。

そして交通事故によるケガは一定の期間で自賠責保険が適用されなくなってしまいます。

しかしその後痛みが再度出てきてぶり返したりしても、自賠責保険を使って治療していくことは出来ません。だからこそしっかり治療をして完治させることが大事になります。

 

 

 

 

脳脊髄液減少症とは一体何?

脳脊髄液減少症は、最近注目され始めた症状であり、交通事故やむち打ちなどの外傷が原因となって脳脊髄液が漏れたり減少したりすることで引き起こされます。この状態になると、めまい、頭痛、吐き気、全身の倦怠感などの症状が現れることがあります。

特に、コンタクトスポーツのような激しい運動や衝撃を受けることで、首を打ちつけることがあるスポーツでも起こりやすいとされています。脳脊髄液の減少によって脳や脊髄が適切にサポートされず、症状が引き起こされる可能性があります。

この症状はまだ十分に理解されていない部分が多くあり、その治療法も確立されているわけではありません。ですが、症状が現れた場合は早めの専門医の診断と適切な治療が必要です。特に交通事故やスポーツでの外傷を経験した方は、この症状にも注意を払う必要があります。

 

むち打ちの脳脊髄液減少の症状

脳脊髄液減少症の症状は多岐にわたりますし、特に早期段階での診断が難しい場合があります。立ち上がった際の強い頭痛やめまいは、特に要注意な症状です。これらの症状がある場合は、早めに医療機関を受診し、適切な検査や診断を受けることが重要です。

治療においても、症状や状態に応じて個別に対応が必要です。診断が確定した場合、医師や専門家の指示に従いながら治療を受けることが重要です。また、病院と整骨院との連携を密にし、症状の改善に向けて協力して治療を進めることも大切です。

脳脊髄液減少症の治療方法

安静や適切な刺激、適切な水分補給は確かに重要です。接骨院での筋肉のメンテナンスと病院での専門的な治療を併用することで、効果的に症状を改善できるでしょう。また、周囲の理解やサポートも治療の重要な要素です。誰かに相談することで心の負担も軽減され、治療に対するモチベーションも保ちやすくなります。当整骨院は、患者様の健康と幸福を全力でサポートすることをお約束します。