治療期間について

  • 出来れば短期間で治療をしたい
  • 短期間で効果のある治療をしたい
  • どのくらい治療期間が必要なのか知りたい
  • どのくらいの頻度で通院すればいいのか知りたい
  • 交通事故での痛みをとりたい

治療期間の誤解

交通事故でのむち打ちなどの症状が3ヶ月で治るというのはあくまで一般的な目安であり、個々の状況によって異なります。むち打ちの症状は人によって異なり、痛みの程度や感じ方も様々です。また、症状が出現するタイミングや持続期間も人それぞれです。一部の方は1ヶ月で改善する場合もありますが、3ヶ月で治るとは限りません。

損保会社が3ヶ月を治療期間として設定することもありますが、これは一概に全てのケースに当てはまるものではありません。症状の重さや患者様の個々の状況に応じて、より長期間の治療が必要な場合もあります。重要なのは、患者様の症状や状態に合わせて適切な治療を提供し、早期かつ効果的な回復を支援することです。

 

20代男性 施術を受けた感想

交通事故に遭ってしまい、むち打ちになってしまいました。首の痛みや頭痛、肩の痛み、腰の痛みなどがあり、めいほく接骨院で施術をお願いしました。

適切な治療にいつも感謝しています。

今後も何かあったら、是非行きたいです。

※効果には個人差があります。

交通事故によるケガは柔道整復師という国家資格を持つ施術家がいるめいほく接骨院で治療をしていくことができます。

ケガは放置しても改善し痛みが消えていくことがありますが、痛みやすくなったり動かしにくくなったり、後遺症として残ってしまうことがあります。

そして交通事故によるケガは一定の期間で自賠責保険が適用されなくなってしまいます。

しかしその後痛みが再度出てきてぶり返したりしても、自賠責保険を使って治療していくことは出来ません。だからこそしっかり治療をして完治させることが大事になります。

 

 

当院の治療期間

損害保険会社の指示に従って治療を早期に終了することは、時には適切ではありません。むち打ちや交通事故による他の症状は、時には長期間の治療を必要とします。痛みや不快感が残っている場合は、必要な治療を受ける権利があります。損保会社との交渉や訴えかけを通じて、自分の治療を途中で中断せずに継続することが重要です。自身の健康を最優先に考え、必要な治療を受けることで、後遺症のリスクを最小限に抑えることができます。

めいほく接骨院では、治療期間についてもしっかりサポートいたします。 当院の治療方針としては、痛みがまだ残っている場合は6ヵ月を目安に治療を続けていきます。 整形外科との連携・証明もとれておりますので、安心してご来院くださいね。