むち打ち症:握力低下

  • 事故後、手に力が入りにくくなった
  • むち打ち症で握力が低下している
  • 事故により手首の捻挫をした
  • むち打ち症で手の痺れがでてきた
  • むち打ち症で腕や肩のだるさがある

20代男性 施術を受けた感想

交通事故に遭ってしまい、むち打ちになってしまいました。首の痛みや頭痛、肩の痛み、腰の痛みなどがあり、めいほく接骨院で施術をお願いしました。

適切な治療にいつも感謝しています。

今後も何かあったら、是非行きたいです。

※効果には個人差があります。

40代男性 施術を受けた感想

事故し身体中痛い為、通いはじめました。
スタッフ皆さん親切で丁寧にマッサージしてくださり回復してきてます。素晴らしい対応に感謝しかないです!

※効果には個人差があります。

 

むち打ちと握力低下について

交通事故後に手の握力低下や痺れが起こるのは、首周りの神経や筋肉にダメージが加わることが主な原因です。このダメージによって神経の伝達が阻害されたり、周囲の筋肉が圧迫されたりすることで手の動きや感覚に異常が生じます。片方の手だけでなく、両方の手に症状が現れる場合もあります。

早めの施術が重要であり、適切な治療を受けることで症状の改善や回復が期待できます。整骨院での施術では、首周りの筋肉や神経をほぐし、血流を改善することで症状の軽減に努めます。また、適切なリハビリや運動療法を通じて手の機能を回復させることも重要です。早めに専門家の治療を受け、手の機能を回復させるために努めましょう。

 

握力の低下を放置してしまうと・・・

握力が戻らず手に力が入らない状態を放置しておくと、症状が悪化する可能性があります。手の機能が回復しないまま放置すると、日常生活に支障をきたすだけでなく、周囲の筋肉や神経にも影響を及ぼすことがあります。

 

当院のむち打ち治療とは?

当整骨院のアプローチ方法は、症状の原因である首の骨の歪みや関節の損傷に重点を置いています。マッサージや電気治療は一時的な症状の緩和に効果がありますが、根本的な改善には骨格や関節の調整が必要です。

むち打ち症の場合、手にチカラが入りにくい状態や握力低下があるという方は、首の骨の歪みや関節の問題が影響している可能性が高いです。そのため、適切な矯正や整体の治療を受けることで、根本的な改善を図ることができます。

交通事故後のケアに関する無料相談もしておりますのでまずは専門家の意見を聞いてみることが大切です。早めの相談や治療を行うことで、症状の悪化を防ぎ、早期に回復へと向かうことができるでしょう。