むち打ち症:脊髄症状型

  • 交通事故の治療を受けたい
  • 交通事故に遭ってから足に痺れが出てきた
  • 交通事故の後から歩きづらい
  • 交通事故の後から尿や便がしづらくなった
  • むち打ち症がとても辛い

20代男性 施術を受けた感想

交通事故に遭ってしまい、むち打ちになってしまいました。首の痛みや頭痛、肩の痛み、腰の痛みなどがあり、めいほく接骨院で施術をお願いしました。

適切な治療にいつも感謝しています。

今後も何かあったら、是非行きたいです。

※効果には個人差があります。

 

40代男性 施術を受けた感想

事故し身体中痛い為、通いはじめました。
スタッフ皆さん親切で丁寧にマッサージしてくださり回復してきてます。素晴らしい対応に感謝しかないです!

※効果には個人差があります。

交通事故によるケガは柔道整復師という国家資格を持つ施術家がいるめいほく接骨院で治療をしていくことができます。

ケガは放置しても改善し痛みが消えていくことがありますが、痛みやすくなったり動かしにくくなったり、後遺症として残ってしまうことがあります。

そして交通事故によるケガは一定の期間で自賠責保険が適用されなくなってしまいます。

しかしその後痛みが再度出てきてぶり返したりしても、自賠責保険を使って治療していくことは出来ません。だからこそしっかり治療をして完治させることが大事になります。

 

脊髄症状型とは何?

脊髄症状型のむち打ち症は、交通事故後に足の痺れや力の入りにくさなどの症状が現れることがあります。この型では、両手や両足に症状が出ることが多く、手先の細かい作業が難しくなったり、歩行障害や排尿・排便障害なども見られることがあります。

このような症状が出た場合は、早めに専門の医療機関や整骨院を受診することが重要です。放置すると症状が悪化する可能性があるため、専門家の診断と適切な治療を受けることが必要です。

 

脊髄症状型は良くなるの?

脊髄症状型のむち打ち症は重度の場合が多く、早めの施術開始が重要です。ただし、症状が出てからは安静にしておくことが大切です。通常、安静期間はおおよそ2週間から3週間程度とされています。この期間中に施術を開始し、軽度の刺激を加えることで患部の状態を整えていきます。

特に、痺れや力が入らないなどの症状がある場合は、症状が長引きやすいことがありますので、その点を理解しておく必要があります。ただし、適切な施術を行うことで症状は改善していくことが期待されます。

むち打ちでの脊髄症状型の治療について

脊髄症状型のむち打ち症の初期治療では、刺激を控えめに行います。これは、刺激が強すぎると痛みが増す可能性があるためです。軽めの施術でも効果がありますし、患者様の状態に合わせて施術を調整していきます。主にマッサージや軽度のストレッチを行い、筋肉をほぐしていきます。また、筋肉の状態を確認しながら、適切なストレッチを組み合わせることもあります。

筋肉がほぐれたら、電気治療を行い、筋肉を刺激して血流循環を促進します。また、炎症がある場合にはそれに対する処置も同時に行います。

足のしびれなどの症状がある場合は、早めに施術を受けることが重要です。当整骨院では、患者様の状態に合わせた丁寧な治療を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。