野球肩

  • ボールを投げる際に肩が痛む
  • テニスの練習の際に痛みが出る
  • 肩にひっかかりがある
  • 痛みがありスポーツに支障が出ている
  • 痛みがクセにならない様にしていきたい

野球肩とは一体何?

「野球肩」とは、一般的には「リトルリーガーズショルダー」とも呼ばれ、野球をしている成長期の学生によく見られる症状です。主に、投球の際に痛みが生じ、投球後も痛みが残ることが特徴です。ただし、「野球肩」の用語は幅広く使われるため、いくつかの異なる種類が存在します。以下にその一部を紹介します。

野球肩にもさまざまな種類がります

インピンジメント症候群

「インピンジメント症候群」とは、肩の痛みを伴う症状で、主に腕を挙げる際に骨、靭帯、筋肉が干渉して炎症が起こる状態を指します。この症状により、腕の挙げ下げの動作で違和感や痛みが現れます。進行すると、上腕骨の頭部が肩甲骨との接触によってクリック音などの異音が聞こえることもあります。

腱板損傷

「腱板損傷」は、肩の保護や運動支援に重要な役割を果たす腱板と呼ばれる筋肉の損傷を指します。この状態では、腱板の損傷によって肩を動かす際に痛みが生じることがあります。痛みの度合いや症状は人によって異なります。

上腕骨骨端線離開

成長期に発生するこの症状は、「成長期外側上顆炎」や「リトルリーガーズショルダー」と呼ばれ、主に投球動作やその後に痛みが生じることがよくあります。この症状の主な原因は、成長期における骨や筋肉の未熟さと、投球などの肩に負担をかける動作によって、上腕骨の骨端線が離れてしまうことで起こります。成長期における骨や筋肉は未熟であり、過度な負荷に対する耐性が低いため、早めの治療と適切なケアが大切です。

めいほく接骨院の野球肩治療

 

めいほく接骨院では、野球肩による炎症症状に専門的なアプローチを行っています。特に、ハイボルテージという電気治療機器を活用した治療を行っています。この治療法は炎症を鎮める効果があり、痛みや不快感の軽減に役立ちます。

また、炎症の原因となる体の歪みや姿勢の問題にも注意を払っています。骨盤や肩甲骨の調整を行うことで、投球動作の安定性を向上させ、肩への負担を軽減する効果を狙っています。これにより、痛みの発生を予防し、快適な状態を取り戻すお手伝いをしています。

さらに、運動中も安心して治療を受けられるよう、テーピングも活用しています。テーピングは安定感を提供し、負担を分散させるのに役立ちます。

もし現在野球をしていて肩の痛みを感じている場合は、ぜひ当院にご相談ください。

スポーツや日常生活を快適に送るためのお手伝いをさせていただきます。



症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 野球肩の施術 10代男性 高校生 名古屋市東区

    高校野球の部活で右肩を痛めてめいほく接骨院へ受診されました。
    小学校低学年からリトルリーグで頑張ってきた蓄積された痛みが、もしかするとあるかもとのことでした。

    治療は、ハイボルト治療と首肩周りの筋肉の張りを出来るだけマッサージでほぐしていきました。
    痛みが強いうちは練習を他のメンバーと違うメニューにして右肩への負担を出来るだけ減らして、早期復帰できるように努めていただきました。

    徐々に症状は軽減し、試合にも何とか間に合いました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

    名古屋市東区めいほく接骨院

お客様の声

  • 野球肩 高校3年生 ピッチャー 名古屋市東区

    先生たちの治療のおかげで高校生最後の夏を精一杯戦えました。
    ありがとうございました。

    ※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。