足のしびれ

このようなお悩みはありませんか?
  1. 寝ているときに足のしびれで目が覚める
  2. 歩く時に足がしびれて長時間歩けない
  3. 常に足にしびれがある
  4. 足の感覚がほとんどない
  5. 足が動かしにくい

この足のしびれ大丈夫かな?

足のしびれに関して詳しく説明させて頂きます。

一時的な足のしびれは、正座や特定の姿勢によって一時的に血行がとどまることもあります。しびれを感じることがありますが、これも通常は一時的なもので、しばらくすると感覚が戻ります。

以下のような状況や症状がある場合は、ご相談いただくことをおすすめします。

しびれの部位・状態で考えられる疾患

足根管症候群

足の裏やかかとの痛みやしびれが感じられる状態は、後脛骨神経の圧迫や損傷によるものです。この神経はふくらはぎからかかと近くを通り、足の裏へと分布しています。後脛骨神経が炎症を起こすと、足首や裏、つま先までしびれや痛みが生じることがあります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛が主な症状として現れる疾患ですが、しびれもその特徴的な症状の一つです。 腰椎椎間板ヘルニアが神経を圧迫することで、神経が正常に信号を伝える能力が低下し、痛みや痺れが発生します。このしびれは頻繁に腰から足先にかけて広がることがあり、特に足先までしびれる場合が多いです。

手術を受けることで腰痛が軽減される場合もありますが、神経のダメージがあると、手術を行っても麻痺やしびれが残る場合があります。

腰部脊柱管狭窄症

狭窄症の特徴的な症状である「間欠跛行」について説明いたします。

間欠跛行は、主に下肢の動脈の狭さ(血管が狭いこと)によって血液の流れが制限され、足に酸素や栄養が正しく供給されない状態で、歩くと足に痺れやしびれ、こわばりなどが出ます。しかし、少し休むと血流が回復し、症状が軽減するため、再び歩行が可能になります。 

 馬尾神経圧迫型の場合、脊髄から伸びる馬尾神経に圧迫がかかるため、両足にしびれや痛みが生じることが多いです。 一方、神経根圧迫型では、脊髄の神経根に圧迫がかかるため、臀部から足にかけて症状が現れることが多いです。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、特定の疾患の名前ではなく、ある症状を表す言葉として使われます。

この症状は、お尻から後ろの脚やふくらはぎに、しびれや痛みが現れるものです。狭窄症などの疾患と関連して発生することがございます。

また、坐骨神経痛の症状は糖尿病とも関連していることがあります。 糖尿病における障害により、手足の神経のしびれや痛み、指先のジンジンする感覚が生じることがあります。糖尿病の可能性も考慮されるべきです。

手足のしびれや痛み、走るような痛み、ジンジンする感覚などが続く場合は、早めに医師の診察を受けることをお勧めします。

足にしびれが出てくる原因は?

しびれが発生する原因は疾患によって異なりますが、共通して言えるのは、日常生活での負担が影響を与えていることです。

先天的な問題を除き、適切な姿勢で過ごすことができれば、痛みや不調がでないのが一般的です。

悪い姿勢や相応な動作、長時間同じ姿勢を続けることなど、これらの課題が体に負荷をかけ、しびれや痛みを考える可能性があります。

しびれのメカニズムは次のように考えられます。

血管性の場合:

  1. 疲労が残る。
  2. 内臓疲労が増加し、体のバランスが崩れる。
  3. 歪んだ体の状態により血流が悪化する。
  4. 筋肉が硬くなり、柔軟性が低下する。
  5. 足に十分な酸素や栄養が行かず、しびれが発生する。

神経性の場合:

  1. 長時間同じ姿勢を続けることにより体が歪む。
  2. その間への負担が増加し、骨や筋肉に異常な負担がかかります。
  3. 骨の歪みや筋肉の硬直により、周囲の神経が圧迫される。
  4. 圧迫された神経が正常な信号を伝えづらくなり、足のしびれが現れる。

正しい姿勢と体の使い方を心がけることで、しびれや痛みのリスクを軽減することができます。

当院で行う足のしびれの治療

足のしびれが続いているにもかかわらず、他の治療法では改善しなかったという方も多いかと思います。

継続している痺れは、初期対処療法だけでは改善が難しい場合があります。この症状に対しては、根本的なアプローチが重要です。それがなければ本格的な改善は難しいでしょう。

根本治療として「骨盤矯正」を行っています。これによって身体の歪みを正常な状態に戻し、神経や血流の正常化を図ります。

当接骨院で行う骨盤矯正は、一般的に想像されるようなボキボキとしたものではなく、全く痛みのない施術です。安心してご来院いただけますので、初めての方もお気軽に受けていただけます。また、矯正を行う際には、丁寧に1つずつ手順を説明させていただきます。

さらに、インナーマッスルの強さも重要です。弱くなってしまうと、背骨や骨盤の歪みが引き起こされ、身体の不調が生じる可能性があります。当院では、インナーマッスルの状態を確認します。もしインナーマッスルが弱くなっている場合は、骨盤矯正と併せてインナーマッスルのトレーニングをお勧めしています。

足のしびれが一時的ではないと感じた場合は、お早めに当接骨院にご相談ください。



症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 腰椎椎間板ヘルニア 名古屋市東区 40代男性

    トラックの運転手さんなんですが、荷物を荷台から降ろしたり乗せたりする作業が腰に普段からかかっていたせいか腰部に痛みが出始めました。仕事のため多少の痛みは我慢しながら行っていたそうですが、ある日から左足にシビレが出てきてしまいました。

    治療の内容としましては、電気治療器のプロテクノエグゼで深層筋からほぐし、骨盤矯正で体のバランスを整えていきました。
    腰部に負荷がかかり過ぎていたため、腰の筋肉はガチガチな状態でしたのでマッサージ(MPF療法)でほぐしていきました。

    痛みは1カ月で和らいで、その後は3か月くらいで足のシビレが軽減してきました。
    通院頻度は、週に1回~2回ほど来院していただいていました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

    名古屋市東区めいほく接骨院

お客様の声

  • 足裏のしびれ 30代男性 名古屋市北区

    足裏のしびれで電気治療、マッサージしていただき軽くテニス、ジョギングできるまで回復しました。普段できるストレッチ方法を丁寧に教えていただきました。今後も治療とストレッチを継続して完治したいと思います。

    ※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 岐阜県多治見市 60代男性 腰から足にかけての痛みとしびれ

    2年間、苦しんできた脊柱管狭窄症(臀部から太ももに掛けての痛み足のしびれ)の症状が、めいほく接骨院さんに受診したところ、2回目の治療辺りから和らぎ楽になってきました。今では女房共々お世話になっております。本当にありがとうございます。これからも定期的に受診しますので、宜しくお願い致します。

    ※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。