頸椎椎間板ヘルニア

  • 首・肩・腕から指先にかけて痺れがある
  • 片側の首・肩の痛みがある
  • ボタンがかけずらいなど細かい作業が困難になってきた
  • 手足の動きが悪くなってきた
  • 歩行困難になってきた

頸椎椎間板ヘルニアになってしまう理由は?

皆さん、肩こりや首こりといった症状は経験されたことがある方も多いでしょう。しかし、それが徐々に腕に痺れを伴って広がり、細かい作業が難しくなるような場合、頸椎椎間板ヘルニアの可能性が高いです。

頸椎椎間板ヘルニアは、脊椎の骨と骨の間にある髄核が飛び出し、神経根を圧迫して痛みやしびれを引き起こす状態を指します。

この状態が引き起こる原因は何でしょうか?

「仕事の負担が影響しているのかな?」「特に負荷をかけていないのに痛みが現れるのはなぜ?」と疑問に思うことでしょう。

実は、正しい姿勢と体のバランスが整っていれば、通常の日常生活で頸椎椎間板ヘルニアが進行するほどの負担はかかりにくいです。

スポーツや事故による怪我を除けば、体のどこかしらに歪みや不均衡が存在していることは間違いありません。そして、これらの歪みは個々の人によって異なり、職業や習慣によっても変わることがあります。

頸椎椎間板ヘルニアになる多くの方は、猫背やストレートネック(俗に「スマホ首」とも呼ばれる)といった姿勢の影響が顕著です。

長時間のデスクワークやスマートフォンの使用などが、これらの問題に影響を及ぼす可能性が高いです。

ただし、首の問題を解決するためには、首だけを取り扱うだけでは十分ではありません。首に影響を及ぼす根本的な原因を見つけ、解決する必要があります。

例えば、首を支える基盤である骨盤に問題がある場合、骨盤の歪みを正す必要があります。また、骨盤を支える筋肉が弱っている場合は、それを強化することが重要です。

まず初めに、自身の歪みや痛みの根本原因を理解し、本来の体の状態に戻すことが大切です。痛みの原因を理解しない限り、痛みが再び現れる可能性が高まることを覚えておきましょう。

めいほく接骨院での頸椎椎間板ヘルニアの施術

当院では、頸椎椎間板ヘルニアが「ストレートネック」や「巻き肩」といった状態から引き起こされている可能性を、初回の診察にて見極めていきます。

最初に、姿勢や骨盤の状態を確認し、体の状態を正確に把握します。その結果を踏まえて、最適な施術法を選定します。

例えば巻き肩やストレートネック、または骨盤の歪みが問題である場合、それに特化した矯正を行います。痛みや痺れが強く、日常生活に大きな支障をきたしている場合には、電気治療なども検討されることもあります。私たちは、患者さんの具体的な状態を正確に判断し、適切な治療法を提供することを心掛けています。

もしも痛みを和らげるために毎日痛み止めを使用されている、痛みが睡眠に影響を与えている、日常生活に支障をきたしている、仕事を休むほどの状態だと感じる場合、ぜひ早めに当院へご相談ください。

私たちは、あなたの悩みを共に解決し、より快適な日常生活を取り戻すために全力でサポートいたします。