腱鞘炎

  • 仕事などで手を使いすぎて手首が痛い
  • 家事をしていると手首が痛くなる
  • スマホを使っているだけで手が痛い
  • パソコンを使うと手が痛い
  • 重たいものが持てなくなってしまった

家事や仕事でパソコンをしている際に
手首の痛みはありませんか?
名古屋市で腱鞘炎の治療をするなら
めいほく接骨院にご相談ください!

腱鞘炎とは?

腱鞘炎は手首の親指側に炎症が生じる症状であり、日常生活や仕事に支障をきたすことがあります。一般的な症状としては、以下のようなものが挙げられます

  1. 手首や親指側の痛み:特に重い物を持ったり、手首を動かしたりすると痛みが生じます。痛みは日常生活の様々な動作で感じられることがあります。

  2. 炎症や腫れ:炎症が進行すると、手首や親指側に腫れが現れることがあります。腫れによって手首の動きが制限される場合もあります。

  3. 動かしにくさ:症状が進行すると、手首や親指の動きが制限され、特に動かすときに不自由を感じることがあります。

  4. 疲労感や弱さ:手首や親指に痛みや炎症があるため、手を使うことに疲労感を感じたり、手の力が弱くなったりすることがあります。

 

腱鞘炎の原因は?

確かに、腱鞘炎の原因は様々ですが、使い過ぎや姿勢の悪化が主な要因とされています。以下は腱鞘炎の主な原因の一部です

  1. 使い過ぎ: 特に手や親指を使う動作を繰り返し行うことで、腱鞘に負担がかかり、炎症が生じることがあります。例えば、スマートフォンの操作やキーボードを使ったタイピング、または重い物を持ち上げる作業などが挙げられます。

  2. 姿勢不良: 猫背や肩こりなどの姿勢の悪化は、肩や腕の筋肉のバランスを崩し、手首や親指に余分な負荷をかける原因となります。姿勢が悪いと手首を使う動作が増え、腱鞘に負担がかかりやすくなります。

  3. ストレス: ストレスや精神的な負担も、腱鞘炎の発症に関連する可能性があります。ストレスが腱や筋肉の緊張を引き起こし、症状を悪化させることがあります。

  4. 加齢: 年齢とともに腱や靭帯の柔軟性が低下し、腱鞘炎のリスクが高まることがあります。

  5. 運動不足: 運動不足や筋力の低下は、手首や親指周辺の筋肉の弱体化を引き起こし、腱鞘炎の発症リスクを増加させることがあります。

これらの原因を踏まえて、日常生活や仕事上での姿勢や動作に注意することが、腱鞘炎の予防や改善に役立ちます。また、姿勢の改善や適切なストレッチなどの対策を行うことも重要です。

 

腱鞘炎になりやすい人とは?

特に、以下のような状況で腱鞘炎が発生する可能性が高まります

  1. デスクワーク: パソコンのキーボードやマウスを使った反復的な作業を行うデスクワークの方は、特に手首や指に負担がかかりやすく、腱鞘炎のリスクが高まります。

  2. スマートフォンの操作: スマートフォンの操作を長時間行うことで、指や手首に負担がかかり、腱鞘炎が発生する可能性があります。特に、画面をタッチする際に親指を多く使う操作は腱鞘炎の原因となりやすいです。

  3. 楽器の演奏: ピアノやギターなどの楽器を演奏する際には、指を多く使うため、腱鞘炎が発生するリスクが高まります。

  4. スポーツ: グリップやボールを握るようなスポーツ(テニス、ゴルフ、バレーボールなど)をする際にも、手首や指に負担がかかり、腱鞘炎が発生することがあります。

  5. 女性ホルモンの変化: 更年期の女性や妊産婦では、女性ホルモンの分泌の変化が関与し、腱鞘炎の発症リスクが高まることがあります。

これらの要因を考慮しながら、日常生活や作業の方法を工夫し、手首や指への負担を軽減することが大切です。また、定期的なストレッチや適切な姿勢の保持も重要です。

 

当院での腱鞘炎の治療

整体治療は腱鞘炎の症状を和らげるための効果的なアプローチです。姿勢の改善や骨盤の調整など、身体全体のバランスを整えることで、血流を改善し痛みを軽減することが期待できます。また、痛みをとるための施術も重要ですが、その後の生活習慣の見直しや予防方法の指導も含めて、総合的なサポートが提供されます。

名古屋で腱鞘炎でお悩みの方は、ぜひめいほく接骨院で専門的な治療を受けてみてください。整体治療を通じて、痛みの軽減だけでなく、根本的な改善を目指すことができます。

腱鞘炎の予防はできますか?

腱鞘炎を予防するにはどうしたらいい?

腱鞘炎の予防には、以下のような対策が効果的です

  1. 適切な姿勢の維持:正しい姿勢を保つことで、手や手首への負担を軽減できます。長時間同じ姿勢を続けないように心がけましょう。

  2. 手や手首の負担を軽減する工夫:パソコンやスマートフォンを使用する際には、手や手首の負担を軽減するためのクッションやサポーターを利用しましょう。また、作業や活動の間に手や手首のストレッチを行うことも有効です。

  3. 適度な休息とストレッチ:作業や活動の間に適度な休息を取り、手や手首のストレッチを行うことで、筋肉や腱の緊張を和らげることができます。

  4. 負担を分散する:重い物を持つときや負担のかかる作業を行うときには、力を均等に分散するように注意しましょう。両手を使って物を持つことや、作業を坐位から行うことで、手や手首への負担を軽減できます。

  5. 適切な体重管理:過体重や肥満は関節や腱に余分な負担をかけるため、適切な体重管理を行うことが重要です。

これらの対策を実践することで、日常生活や作業中の手や手首への負担を軽減し、腱鞘炎の予防に努めましょう。

 

腱鞘炎の初期症状を感じはじめたら・・・

異変を感じた場合、その部位を過度に動かさず安静にすることは重要です。また、その症状の原因を根本から追及し、適切な治療を受けることが再発を防ぐために重要です。めいほく接骨院では、痛みだけでなく症状の原因を見極め、適切なアプローチを行いながら、患者さんの健康をサポートしています。異変を感じた際には、迅速にめいほく接骨院へ相談し、適切な治療を受けることをお勧めします。