橈骨神経麻痺

  • 最近、腕が痺れるようになった
  • 手に力が入りずらい感じがする
  • 指先を使う細かい作業がしずらい
  • 腕を骨折した後からしびれるようになった
  • 指先がしびれる

 

当院では、橈骨神経麻痺による腕の力が入りづらい状態に対して適切な治療を提供しています。橈骨神経麻痺は主に神経の圧迫によって引き起こされる神経麻痺であり、通常は手術の必要はありません。ただし、神経の修復を促進するためには適切な栄養素を提供する必要があります。そのため、橈骨神経自体に対してビタミンなどの栄養素を補給していくアプローチが行われます。

治療期間はおおよそ1ヶ月から3ヶ月となりますが、この間に筋肉の負担を減らしながら神経の修復を進めていきます。患者さんの状態に合わせて適切なプランを立て、橈骨神経麻痺による腕の機能の回復をサポートします。

もし現在、橈骨神経麻痺による腕の痺れでお悩みの方がいらっしゃれば、ぜひ当院にご来院いただき、適切な治療を受けていただければと思います。

橈骨神経麻痺とは何?

橈骨神経麻痺的なは、手や指先に現れる痺れの種類です。 典型的な症状としては、手の甲側がしびれる候補に挙げられます。 橈骨神経麻痺による影響で、手首の力が弱まり、手首が入った状態(また、手首の動きにも制限が生じ、手首を上げる動作が怖いこともあります。

橈骨神経は手の甲の部分、具体的には親指から薬指にかけての範囲を支配しています。そのため、橈骨神経麻痺が起こると、この領域の感覚が低下することがあります。

橈骨神経麻痺の原因とは一体?

橈骨神経麻痺の原因は多岐にわたりますが、一般的に多いのは長時間の腕まくら使用によるものです。たとえば、長時間腕まくらを使用して寝てしまい、朝起きた際に症状が現れるケースが多いです。また、記憶にないほどの腕まくらの使用でも、飲酒をして酔った状態で体勢を崩して眠ってしまい、何かに体を預けてしまったことから発症することもあります。神経が圧迫されることによってこの症状が引き起こされます。この症状が強い場合、治癒に3ヶ月以上かかることもあるようです。

他にも、骨折の後に発症することもあります。骨折の際に固定が十分でなかったり、無理に動かしたりすることで神経への圧迫が生じ、橈骨神経麻痺が発生することがあります。

この症状の特徴的な兆候は、「下垂手」と呼ばれる現象です。手首から力が入らず、手首がだらんと垂れ下がる状態が生じます。同様の症状が指に起こる場合は、「下垂指」とも言われ、指が垂れ下がる状態が現れます。

「ハネムーン症候群」としても知られており、新婚旅行時や飲酒による泥酔時に腕まくらなどによる体勢が影響し、症状が発症することからこの名前が付けられました。また、「土曜日の夜麻痺」とも呼ばれることがあります。このような事例を踏まえ、橈骨神経麻痺の発症原因として注目されています。

当院の橈骨神経麻痺の治療

当院の橈骨神経麻痺に対する治療アプローチは、神経の修復と回復をサポートするために適切な栄養素を提供するという点で重要です。橈骨神経麻痺は神経の圧迫によって引き起こされる神経麻痺であり、手術が必要なことは少ないですが、神経の修復が必要です。

治療期間が1ヶ月から3ヶ月かかることもあるとのことですが、神経の修復には時間がかかることがあります。筋肉の負担を減らしながら、適切な栄養素を提供するアプローチは慎重に行われるべきです。患者さんの個別の症状と進行に合わせて治療プランが立てられ、橈骨神経麻痺による腕の機能回復をサポートする役割を果たしていることでしょう。

腕の痺れや力の入りづらさに悩んでいる方は、専門家の診断と治療を受けることが重要です。当院に相談し、適切な治療を受けることで、症状の改善に向けた一歩を踏み出すことができるでしょう。