変形性膝関節症の痛み

2020年03月17日

関連記事

執筆者:柔道整復師 めいほく接骨院総括 院長 田中雅大

私は幼い頃から柔道をしていたため、けがも多く腰椎椎間板ヘルニアを患い手術をした経験もあります。痛みの辛さがあると日常生活にも支障が出てきます。
名古屋市東区・北区・瑞穂区めいほく接骨院では、そんな辛い痛みがある方に対して癒しを目的にするのではなく、痛みの原因から追求し根本改善を目的に施術をしていきます。

根本施術を行うことによって痛みの出ない身体を目指し、毎日が笑顔で楽しく過ごしていただけるようにしていきます。 痛みがなかなか治らずにあきらめてしまっていた方、一人で悩まずにぜひ名古屋市東区・北区・瑞穂区めいほく接骨院にご相談下さい。



症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市東区 60代 女性 膝の痛み(変形性膝関節症)

    ウォーキングをよくされている方で、徐々に膝の痛みが強くなり、階段の昇り降りや椅子から立ち上がるのが辛いと来院されました。

    ソーマダインの電気治療器で炎症を抑え、膝周りの筋肉のハリをほぐし、可動域訓練や筋力トレーニングを行い、サポーターを処方。

    徐々に痛みは取れてきたところで少しずつウォーキングを再開してもらい、筋力を落とし過ぎないようにアドバイスをしました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

    名古屋市東区めいほく接骨院

お客様の声

  • 名古屋市東区 砂田橋 20代男性 スノーボードで膝を捻じり負傷

    スノーボードで膝を捻じり痛めてしまいました。その後、自宅近くで調べてめいほく接骨院へ行きました。

    特別な微弱電流で施術してもらい、アイシングで冷やしてしばらく安静と言われました。

    テーピングとサポーターをしていただき、帰る時は歩くのが楽でした。

    スノーボードで無茶はいかんですね。

    ※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。